【Python】Jupyter Lab操作方法のまとめ

本記事ではWebブラウザ上でPythonの操作ができるJupyter Labの基本操作を説明します。

少し操作方法にクセもありますが、覚えてしまえばそう難しくありません。

できるだけ丁寧に解説していきます。

以下の目次がリンクになっています。クリックして必要な情報にアクセスしてください。

目次

Jupyter Labの基本操作

Jupyter Labを起動する

Jupyter Labの起動はTerminal上から行います。

STEP
「ターミナル」を起動
ターミナル.appを起動

「Command + Space」を押してSpotlightを起動し、terminalと入力します。

検索結果からターミナル.appを選択しましょう。

STEP
ターミナル上で「jupyter lab」と入力
jupyter labと入力する

上記のような画面が表示されるので、ベタ打ちで「jupyter lab」と入力しましょう。

するとブラウザが立ち上がり、上記のようにJupyter Labが起動しました

Jupyter Labを終了する

Jupyter Labを終了するには、2つの方法があります。

  1. ターミナル上で「Ctrl + C」を押す
  2. Jupyter Labのメニューバーから終了する

①はそのままですね。Jupyter Labの起動で使ったターミナルにキーを入力すればOK。

②の方法は「メニューバー」の場所が少し分かりづらいので画像付きで説明します。

メニューバーから終了する

Shut Downの場所は上の画像の通りです。

File > Shut Down

こちらでJupyter Labを終了できます。

Jupyter Labからpyファイルを出力

Jupyter Lab上で書いたコードは、pyファイルとして出力できます。

メニューバーからpyファイルとして出力

画像の通りで、Executable Scriptを選択すればOKです。

File > Save and Export Notebook As… > Executable Script

Executable Scriptを日本語にすると「実行可能なコード」というようなものですね。

これでpyが出力されます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

かろちょあのアバター かろちょあ Pythonプログラマー

業務効率化やスクレイピングを専門に活動しているPythonプログラマーです。
Microsoft Office製品のほか、幅広い分野で自動化のお手伝いをしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる